« 令和2年。 | トップページ | シュッ。 »

2020-01-13

つぶやき。

「ねえたんのくも膜下出血」という、衝撃の出来事から早2ヶ月が過ぎました。

無事、会社復帰できたねえたんは、発症前と同じように元気に働いています。

一時は死にかけた人間とはとても思えないくらい、キラキラと仕事にむかっている。

すごいな。。さすがねえたん2号。(;´∀`)

本当にありがたい。ありがたい事です。

それでも離れて暮らしていると、不安は大きく付きまとうものです。

  

LINEでの家族のやり取りも以前と変わらない他愛ないものに戻りました。

ようやくあの日々が嘘のように思えるようになったかな。

折に触れて思い返す事柄がいっぱいです。

  

ねえたんの入院加療中、自身の仕事は休職して

ねえたんのアパートから病院へ通っていました。

今考えると、ただただ不安を打ち消したかったのだと思うけれど

小さな1Kのアパートを毎日、闇雲に掃除してましたね。(;´∀`)

ねえたんが元の生活に戻る前提で、忙しく動いていないと

心が折れてしまうかもしれなかったから。

あの部屋、危うく事故物件にするところだったね。恐ろしい。

  

家に置いてきたネコ達の事は、おっとが世話していたので心配はないはずだけれど

やはり大変気にかかりました。

特にグレ子。

大好きなチュールこそ、おっとにもらいに行けるけれど

まだおっとに馴染み切れてない部分があって警戒していたので。(;´∀`)

(野良猫時代、男性から酷い目にあったのかもしれない。)

家ネコになっても、violaの後追いネコしていたから、

長期のママ不在に、とても不安な思いをしていたと思う。

可哀想なことをしました。

「グレが鬱かもしれない。」

おっとが、そう言ってきたこともありました。

ただ今回ばかりは人間の方に全く余裕がなく、

ネコ達のメンタルに心を配れる状況ではありませんでした。

   

生活環境の変化は、繊細なミト君にも大きかったです。

ミト坊は、グレ子がずっと苦手でした。

ママという防波堤がいないせいか、落ち着きをすっかり無くしたようで

家じゅうにマーキングするようになってしまいました。

これには、参りました。

今、元の生活に戻ったことで、ようやくマーキングの難は収束に向かっています。

ネコは本当に繊細です。

  

東京での2ヶ月近い暮らしの中、心の癒しになってくれたのは、

ねえたんのアパート付近に暮らす地域ネコたちでした。

結構な数のネコがいましたが、オスもメスもみんな立派で

毎日、ご飯をしっかりもらっているのでしょう。

みんなグレ子サイズ。(^v^)本当に大きかった。

新参者のviolaは、ちょっと警戒されたから触れなかったけれど

ネコに優しいエリアは良い。

また会いたいな。

Chikineko1

  

 

  

あと1週間、仕事は休みます。

すっかり気持ちがすり減った分、家のネコ達ぐりぐりしてパワー充填中です。

仕事に戻ればまた忙しくなるし、

面倒な人間関係に凹んだりする事もあるんだろうけれど

あまりに衝撃的な出来事を経験した後だから

何か起きても「だから何?」みたいに思えて、

サラリとかわせそう。

本当に大事なもの、守りたいものに比べたら

どうという事はないですから。

  

本当に色々ありました。。

いつもどおりが一番良い。特別なことは望まない。

変わらない日常が静かに穏やかであれば

それが一番良いですね。

  

さてさて。。

グレちゃん寝ましょか? (^-^)


Gureko80

 

 

 

 

|

« 令和2年。 | トップページ | シュッ。 »

コメント

前回の記事一番最初にオールオッケーだったと書いてあるのにそのあとに出てくるくも膜下出血という言葉にオールオッケー頭からすっかり飛んで祈るような気持ちで
読み進めました。

それだけショッキングな病名でした。
本当に大変な思いをされましたね。
無事復職心よりお祝い申し上げます。
viola家の猫様方もママがいる幸せかみしめていると思います。

投稿: おでぶにゃんこ | 2020-01-14 13:38

>おでぶにゃんこさん。

ありがとうございます。(^o^)
あれほどの事が起きたのに、もうすっかり前を向いて
後ろなど振り向きもしません。
驚くほどポジティブな子です。(;'∀')
杖とか車いすのお世話になる姿を想像していた日が嘘の様です。

変わりない日常って、日頃は考えもしないのに
本当に有り難いものですね。
ネコ達にも可哀想なことをしました。
不安な思いをさせないように
暮らさせてあげたいものです。。

投稿: viola | 2020-01-15 10:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和2年。 | トップページ | シュッ。 »