« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »

2018-09-23

グレ子。

段々と秋色が深くなっていく一年で一番好きな

穏やかな季節。

 

でも最近、我が家の庭先は、少しばかり騒がしい。

我が家周辺は、地域猫タロちゃんとチャトランのテリトリー。

そこへ、新参ネコがやって来ました。

Gureko7

おっとが勝手に命名。グレ子。

性別すらはっきり確認できていないです。男の子の様に思えるけども。

なかなか可愛らしい顔つきをしています。毛色はミト坊に似てるね。

 

Gureko1
玄関先からグレ子の姿に警戒するタロちゃん。

 

Gureko8

チャトランも警戒しています。

そうですよね。朝夕、チャトラン達のご飯の時間を分かっていて

2匹のご飯を狙っています。

 

Gureko4

   
Gureko3

こんな風に写真は撮れますが、まだ警戒モードなので

触れるという距離感は、まだありません。

 

Gureko5
身体は毛並みもきれいだし、痩せてもいないので

あちこちにご飯場所と名前を持つ野良ニャンなのか、

ご近所の外出自由ネコなのか。わからない。

飼い猫の迷子だとしたら、早く保護してお家に返したいけれど

人慣れ感は薄いですね。。(^_^;)

 

でも日に日に距離感が近づいているように思います。

ちゅーるを食べさせることができました。

Gureko6_2

生粋の外ネコではなく、日頃人からご飯をもらってるのは間違いないですね。

 

Gureko2
可愛いです。

 

外で暮らすネコ達の世界は厳しい。

地域猫として安住の場所を確保しているタロちゃんとチャトランにとったら

死活問題。

グレ子とテリトリーを共有できればいいけれど

今は、互いが姿をみて唸り合っている状態。

今までも、何匹かの新参ネコが我が家の庭に現れたけれど

しばらくすると姿を見せなくなっていきました。 

 

グレ子。あなたはどこの子かな?

県内の迷子ネコ情報。見た限りの範囲では探せない。

 

しばらく様子を見ながら、触れるくらいに慣れてもらおうとは思うけれど。。

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018-09-19

京都お出かけ。楊谷寺。

十輪寺さんのあと訪れたのは

長岡京市の 「柳谷観音 楊谷寺」さん。

 

Youkoku7


こちらにたどり着くまでの道がかなり細く、

境内全体が山に覆われているような寺院でした。

古来より「眼病平癒」の祈願の信仰をあつめたお寺とのことです。

 

毎月17日にだけ特別公開される上書院からの景観が素晴らしいです。

Youkoku3

明治時代後期の茶室とのこと。

紅葉の季節には、また格段の美しさでしょう。

 

Youkoku4

書院から眺められる庭園。

 

紅葉シーズンだけでなく、6月の紫陽花の花の季節には 

「あじさいウィーク」で賑あうそうです。

インスタにアップされている境内の紫陽花photoは、どれも美しい。

 

Youkoku6

お参りできて良かったのが、本堂裏手の正一位 親眼力稲荷社さん。

 

Youkoku2
お稲荷さんのえんぎつね。いっぱい居ますね。

表情の可愛らしい事。(^v^)

  

毎月17日のご縁日限定で眼力稲荷社の御朱印は頂けます。

Youkoku5

先見の明がある眼力稲荷。

violaのこれからの道が明るく拓くことを祈願しました。

(右は、ご本尊様の御朱印。)

 

Youkoku1

violaのえんぎつね様。(^v^)

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-09-18

京都おでかけ。十輪寺。

高齢の両親の介護に時間が必要になると

今までの様に気軽にお出かけする事が、めっきりできなくなりました。

  

でも昨日は、久しぶりにおっとと

「そうだ、京都行こう。」してきました。(^v^)

三連休で込み合う市内を避け、今回は京都洛西へ。

 

Jyurin6
小塩山 「十輪寺」。

平安歌人。伊勢物語の「在原業平」が晩年を過ごした地と伝わるお寺で

「なりひら寺」と呼ばれるそうです。

境内には業平のお墓と業平が塩焼きの風情を楽しんだという塩窯がありました。

 

Jyurin7

春、桜の季節に訪れれば、樹齢200年の枝垂れ「なりひら桜」が

たいそう見事との事です。。

 

Jyurin8

他に参拝客がみえないので、

境内の静寂さをおっとと ふたり占め。

癒されました。

 

 

さてさて。。(^v^)

violaは、このお寺で大変、心震える方と会えました!(^^♪

それは。。

こちらのネコ様 「序音(じょね)」さんです!

 

Jyurin1
十輪寺の序音さんは、

写真家・岩合光昭さんが、世界ネコ歩き「ねこの京都」編で

撮影したネコさんなのです。

「会えれば最高だけれど、会えないよなぁ。。」なんて思っていましたが

会えちゃった!(^v^)

おくりさんのお話では、序音さん、実は少々シャイな方だと。笑

そう言えどもさすがに岩合さん。

素晴らしい写真を撮ってます。

岩合さんが来られた時の撮影秘話などもお聞かせ頂き、

violaまぁ嬉しい楽しい!

膝に抱っこまでさせていただいたが、

序音さん。violaをお気に召すというわけにはいかず。

早々にお庭散策にお出ましになってしまいました。笑

 

Jyurin2

ネコ歩き出演記念の御朱印が可愛らしい。。

来月発刊の「猫びより」の表紙を序音さんが飾るかも?との嬉しい情報も。

今から楽しみです。。

 

Jyurin3

お庭散策にこそっとついて行きました。

すっかり岩合光昭になりきり気分のviola。序音さん。パチリ!

後ろ姿しか撮れない。笑

 

Jyurin4_2
岩合さんのクオリティには、遠く及ばないが(←比べるな。)

なかなかのphotoだと自画自賛。(^v^)

序音さんに会えて本当に嬉しかったです。

 

また是非ともお訪ねしたい十輪寺さんです。

美しい紅葉の季節。なりひら桜満開の時。

きっとまた来ましょ。

 

京都お出かけ、つづく。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-09-02

ネコの裏側見たさに。

気持ちが凹むとネコグッズを買うという、困った症状。

 

またまた発症。(・∀・)

 

数日前に、キャットタワーを買いました。

 

 

 

Cattower26

リビングには、すでに4台のタワーがございますよ。(^^ゞ

 

我ながらもう要らないのでは?とも思うが。

 

今回は、ネコ達のためというより、violaの願望優先。

 

 

 

タワー上部のハンモック。

 

アクリル透明ボウル。高所から床が透け透け。。

 

例の「ネコの裏側」を見てみたいという人間さんの願望です。ごめんニャ。

 

 

 

Cattower27
  

 

実は、先月キャットタワーに新しく置いた窓付き渡り板

 

我が家のネコ達には、あまり好評でなかったです。(´Д⊂ヽ

 

しょんぼり。

 

うちの子達は、不安定な透け透け怖いみたい。

 

飼い主と一緒ということらし。

 

 

 

にもかかわらず、新タワーに透け透けボウルをオプションするという

 

飼い主のあがき。(;´∀`)

 

すみません。慣れてください。怖くないですよ~。←おいっ!

 

 

 

Cattower30

ためらうアカーニャ。

 

 

 

Cattower28

アカーニャ。「こっちの、おもちゃは気に入った~。」

 

 

 

結局、自主的に登頂して透明ボウルには、入ってくれません。(T_T)

 

 

 

う~ん。

 

無理強いはできぬなぁ。。

 

 

 

ハンモックをオプションしたことで、本来の布製ハンモックは余っていた。

 

せっかくなので、下段に取り付けてみたところ

 

Cattower25
入るじゃん。。

 

おいおい。。(^^;)

 

 

 

Cattower29

ミト坊も。入る。あらら。

 

すっかり、violaの目論見は、外れましたとさ。笑。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年11月 »