« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016-06-29

食卓。

仕事から帰って来たおっとの夕食の時間。

 

Syokutaku1
御すそ分けにあずかろうと、ネコず、食卓に集合。

この光景、ネコ嫌いな方には、信じられないだろなぁ。。(^^;)

まっ。いいか。

 

本日は、ムーちゃん、フィオちゃん、カギぃ。

3ネコさまの本日のターゲットは、魚(いさき)の塩焼きかと。

 

Syokutaku2
塩ついてないとこ、一口ずつ。

カギィが、自分の食べちゃってから、フィオのを狙っています。

カギちゃん、ダメよ!

 

Syokutaku3
カギィ: 「えっ? オレ、まだもらってないニャ。」

みたいな嘘っぽい顔つき。。(^v^)

 

一口ずつ頂いて、みな退散かと思いきや

 

Syokutaku4
   

根気の良いムーちゃん。笑

ムーン: 「ムーちゃんもっと食べます。(だから、さっさと取り分けて!)」

 

さすがムーちゃん。(^v^)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-06-26

キャットタワーリペア完了!

キャットタワーの縄替え、終了しました~\(^o^)/

 

Cattower13
ボロボロだった麻縄が、こんなにきれいになりましたよん!

すっかり自画自賛で実に恐縮ですが、

思っていたより上手にできました。(^^ゞ

 

Cattower12_2
ネットで購入した綿ロープを解体した支柱にギュギュ!と巻いていき

端っこは、金具のステップルで固定しました。

替えの支柱を購入するとなると、一本何千円にもなってしまうから

タワーごと全部買い換えた方が良くなってしまうのですよね。

だから、大変お安くできて嬉しいです。

 

Cattower14_2
ついでに上段の支柱は、ブルーのギンガムチェックの生地で

カバーリング。

夏向きの涼しい印象になったかな?

縫い目の粗さは、遠目に分からず。。良し良しと。(^^ゞ

 

さて、ネコ様方に上がっていただきましょう!

 

Cattower15
リペア完成のキャットタワー全貌(^v^)

フィオちゃんが、登ってくれています。

 

フィオ: 「上の方も縄が良かったかもニャ。。」

なるほどなるほど。。。

 

Cattower16

アカーニャは、お気に入りの場所。ハンモックの中へ。

すっぽりと収まってくれていますねー。

 

爪とぎで縄がボロくなったら、また張り替えるからね。

いっぱいボリボリしてくださいニャ。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-06-24

カギアカ、なう。

アカーニャが、ハンモックで寛いでいます。(^v^)

居心地いいかな?

Kagiaka1201

そして、

カギちゃんが来ました。

 

Kagiaka1202

爪砥ぎのてっぺんに、トトロ乗せてみたけど

 

Kagiaka1200

あれ?興味なしだね。 笑

 

 

 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-06-22

キャットタワーリペア その2。

リビングのキャットタワー用の綿ロープが届きましたが、

備品が足らず、

今日は修繕できず。。(^^ゞ

明日がんばろ。

 

さて、その代わりというか、別の部屋のタワーの改良をしました。 

棚板の生地の汚れが気になっていたので

ピンク色の可愛い柄のカバーを作って掛けてみました。

Cattower9

もともと娘たちの部屋です。

今はネコ達とviolaで使っています。

キュートな感じがでましたね~(^v^) 

 

Cattower10

書棚には、ねえたん1号のヴァイオリンの譜面がいっぱいあったけれど

他の本棚に移したので、すっぽり良い空間が空きました。

カギちゃんが、寝ています。

タワーの板から、飛び移れます。

 

Cattower11

ちょっと狭いけれど

いっそ、各階全部開放して、ネコマンションみたいにしようかな?笑

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016-06-21

キャットタワーリペア その1。

Cattower5
リビングのキャットタワーが、激しくボロくなってきました。

麻縄の支柱での爪とぎは、ネコ達にとても人気。

ここでの爪とぎ、大変楽しいらしく、

いつの間にこの有様(;'∀') です。哀れですねぇ。

Cattower6
しかし、問題はこの麻縄なのです。

これさえ、キレイに張り替えられるなら。。

本体は、まだまだ使えるのに。

 

今、一番欲しいと思っている新しいタワーは

ロープが麻縄ではなく、綿縄でできていて

繊維クズが出にくいタイプのものです。

 

新しいタワー。買っちゃおうかなぁ。。。 

でもお値段がお高いのよね(^^;) 

 

Cattower7
とりあえず、ほぐれた麻縄を全部外してお掃除してみると

きれいじゃないですかー!

うん。まだまだ使えそう!(^v^)

 

ということで、キャットタワーを大幅リペアすることにしました。

新規購入は、最終手段ということで。。

 

Cattower8
ムーちゃん:「ママ、ちゃんと直せますか?ワタシの大好きタワーを

          こんな風にしちゃって。。」

 

はい!直します!宣言。\(^o^)/

綿ロープもネット購入済み、明日届きますよ。

ネコ達の期待を裏切らないように、

viola。 キャットタワー絶対直します!

 

(↑あえて公約。ちゃんとやりなさいよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-06-18

新しいネコベッド。

Mo1099
ムーン:「ニャニですか?これは?」

viola :「新しいネコベッドよ!(^v^) 

     ムーちゃん、入ってみてくださいな。。どーぞ。」

 

実際のところ、ネコ用ベッドは、すでに家に何個でもあり

新しいものは、不要であったのですが

ホームセンターで目に留まり、

つい また買ってしまったのでした。 アハハ。。。

ネコ用品に弱いviola。(^^;)

 

Mo1098
ムーちゃん、入りました~!

viola :「居心地は、いかがですか~?」

ムーン:「う~ん?そうねぇ。良いようニャ悪いようニャ。。。」

 

実際、滞在時間は30秒ほどで、お出になってしまい

その後、ほとんど寄り付きませんが。 (;'∀') ひゃぁ!

 

まっ、よいでしょう~!

そのうち、ご利用になってくださるはず。。。という大いなる期待を込めて。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016-06-06

隙間をふさぐ。

ピッチの回復が、ありがたいのは間違いないのですが

歩ける様になるという事は、良くも悪くも徘徊するという事です。

認知症を伴う老犬は、前進しかできません。

視力の低下のせいで、不思議なほど狭い空間に進んでいこうとします。

Pi1022
幅10センチもないような隙間に、すっぽり身を挟めてしまって

身動きが取れず、哀れな声で鳴きます。

この間なんて、洗濯機の裏に挟まっていました( ;∀;)

 

ピッチの入ってしまいそうな場所は、フェンスやものを置いて

それ以上進めないようにするか、

あえて物をおかず、そのまま通り抜けられるようにしていますが

ピッチさん、新しい隙間を絶えず新規開拓してくれるので

その対策かなり大変です。

ピッチの白くなったお目めには、室内がどんな風に見えているのか

なぜそれほどに隙間を選んで進むのか、

ピッチ本犬に聞いてみるのですが、残念ながらお答えはないです。。(T_T)

 

****

 

Mito1053
ピッチが、入っていかないようにダンボール箱で通せんぼしたテレビ台の裏。

よくよく見ると、ダンボールに小さな穴が開いていました。

なんだろ?笑

 

Mito1052_4
穴の製作者は、我が家の永遠の坊や、ミト坊のようです。

 

Mito1054 

こんなところに、こっそり秘密基地作っちゃってました(^v^)

上手に入り口の穴を開けたものですね。

まっ、楽しそうなので、大目にみましょかね。笑

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016-06-05

ピッチ、がんばる!

先週、ピッチにとって危ぶまれる出来事があって

四つ足で立つこともできなくなり

一時は、このままお別れに向かってしまうのかと

大変切ない日々を過ごしました。(T_T)

Pi1019_2  

でも、その後は、なんとか回復に向かってくれたのですよ。

介助すればお水もご飯も摂取してくれて、

ピッチ、もちこたえてくれました (´Д⊂ヽ ふぅ~。

 

そう、食べられるうちは大丈夫!

それに元気になった証拠ですね、

生まれたての小鹿のよう、ヨロヨロした足取りですが、徘徊も再開。(^v^)

自力で歩けるうちは、大丈夫だと思います。

 

Pi1021

笑ったような顔で寝ていますね。

ピッチ、まだまだがんばろね!
  

Pi1020


今日もピッチに寄り添う介護ネコ、アカーニャ。

本当にピッチが好きなんだね(^v^) 

ありがとね。アカーニャ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »